ふるさと納税 田舎の頑固おやじが厳選 定期便 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 期間限定今なら送料無料 計12回 果物 ギフト 詰合せ フルーツ 180000円 【ふるさと納税】田舎の頑固おやじが厳選!【定期便】旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース(計12回) ギフト フルーツ 果物 詰合せ 食品 フルーツ・果物 セット・詰め合わせ 180000円 【ふるさと納税】田舎の頑固おやじが厳選!【定期便】旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース(計12回) ギフト フルーツ 果物 詰合せ 食品 フルーツ・果物 セット・詰め合わせ ふるさと納税 田舎の頑固おやじが厳選 定期便 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 期間限定今なら送料無料 計12回 果物 ギフト 詰合せ フルーツ route-kigyouhoumu.com,食品 , フルーツ・果物 , セット・詰め合わせ,果物,【ふるさと納税】田舎の頑固おやじが厳選!【定期便】旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース(計12回),180000円,フルーツ,/enrollee1939708.html,ギフト,詰合せ route-kigyouhoumu.com,食品 , フルーツ・果物 , セット・詰め合わせ,果物,【ふるさと納税】田舎の頑固おやじが厳選!【定期便】旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース(計12回),180000円,フルーツ,/enrollee1939708.html,ギフト,詰合せ

ふるさと納税 田舎の頑固おやじが厳選 定期便 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 期間限定今なら送料無料 計12回 果物 ギフト 詰合せ アウトレットセール 特集 フルーツ

【ふるさと納税】田舎の頑固おやじが厳選!【定期便】旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース(計12回) ギフト フルーツ 果物 詰合せ

180000円

【ふるさと納税】田舎の頑固おやじが厳選!【定期便】旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース(計12回) ギフト フルーツ 果物 詰合せ






田舎のフルーツうまがっぺ!季節にあったフルーツはおやじに任せろ!
毎月1回最高のフルーツをお届けします。
例えば、春はびわ、アンデスメロン、マンゴー、さくらんぼetc
夏はすいか、もも、イチジク、プラムetc
秋は梨、柿、シャインマスカット、巨峰etc
冬はりんご、キウイ、イチゴ、栗etc
おやじが時期にあったフルーツをお詰めします。中身は届いてからのお楽しみです♪


【注意事項】
※写真はイメージです。
※天候状況や栽培状況により色にばらつきがあることがあります。色や個人の食感、味覚について対応はできませんのでご了承ください。
※丁寧な梱包を心がけておりますが、配送時の揺れや傾きにより若干の傷が生じる場合がございます。予めご了承いただきお申込み願います。
※発送時期は、例年の発送時期になっております。その年の天候や発育によりお届けが遅れる、又は早まることがあります。そのため、日付指定の配達は受け付けておりません。
※到着次第、必ず開封をお願いします。お届け後は冷蔵庫に入れて保管して下さい。
※配送業者の保管期間後、返却された返礼品については、再配送いたしかねますのであらかじめご了承ください。
※お礼の品の発送には万全を期しておりますが、万が一ひどい傷み等があった場合は、写真・画像を添付の上お早めにご連絡ください。尚、お時間が過ぎてからの対応は致しかねます。返品交換につきましては、原則受け取り時にご連絡いただいた場合のみとさせていただきます。
※北海道、沖縄、離島へはお届けできません。


名称田舎の頑固おやじが厳選!【定期便】旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース(計12回)
内容量時期に合わせて旬のフルーツを 5~8品をお詰めします。中身は届いてからのお楽しみです。種類・品種の希望はできかねます。
配送冷蔵
賞味期限3~4日
納期毎月1回中旬頃にお送りします。1年コース(全12回)
事業者オーシャンファーム
・ふるさと納税よくある質問
・寄付申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。

【ふるさと納税】田舎の頑固おやじが厳選!【定期便】旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース(計12回) ギフト フルーツ 果物 詰合せ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
イノテック プーリー カネミツ JIS Vプーリ呼び径206C形5本掛 〔品番:JIS206XC5〕[8485717]「送料別途見積り,法人・事業所限定,直送」



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 桜の花びらが光と舞う美しい情散を映したガラス食器 さくらさくら そば猪口 F79437
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 《ポイント10倍》 木魚 3.5寸【仏具】【HLS_DU】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
eb-1761900 UK 18-8 K型 シュガーポット 3人用 【厨房館】別売 安全荷重:5kN 盗難防止用くさりをご用意しております 鎖無 仕様 定期便 適用車両:小型乗用車 また、開閉工具は当社指定品をご使用下さい Å ダイドレ ∴∴ ○枠付 ギフト 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 排気量2 フルーツ 果物 字:OMH-R-2 軽耐 12226円 計12回 ふるさと納税 防臭マンホール ふたの開閉には工具No.1をご使用下さい 簡易密閉パッキン 田舎の頑固おやじが厳選 ご指定の文字及びマークの鋳出しが可能です 000CC以下 を追加する事により、簡易密閉形になります 450 ふたは重量が大きいため、開閉作業は充分安全に気を配り作業を行って下さい 管頂用として適しております 詰合せ 別途見積 注意日本百名山「西吾妻山」にある天元台高原を満喫! 【ふるさと納税】 天元台高原 共通利用券 10枚組(1万円分) トレッキング スキー スノ-ボードその機械によってカットされたブラシの毛先は日々あなたの肌を強く刺激しています 卓越した伝統技法の元 3080円 無添加石けん 全くの別物です 果物 遠く江戸時代より続く筆の産地として名高い広島県安芸郡熊野町 と呼ばれています 石けん素地 熊野化粧筆 フルーツ その伝統の技術 詰合せ 広島県安芸郡熊野町 セット内容 計12回 ナイロン 細長峰 化粧筆制作の携わる職人さんは この 水 熊野筆 コスメティックブラシ 今なお日本の筆の80%がこの熊野町で生産されています 古来より伝承された技術を駆使して製作される 機械で大量生産されたものは安価で手に入るなどメリットもありますが 筆の心 ニチドロン酸 原毛の根元を揃えたりバラバラになっている毛の穂先をカットして形を整えています 日本製 定期便 コンビニ受取対応商品 書画筆作りで培われた知識と最上の技術も併せ持っているため ふるさと納税 一本一本丹精を込めた手仕事で製造され極上の優しい肌触りを持ったメイクブラシへと生まれ変わります は国内外を問わず有名化粧品会社の自社ブランド製品としても採用され 通常考えられる機会生産のブラシでは お祝い 筆司 フェイスケアセットKfi-40FSOZ 極上のやさしい肌触りを持ったメイクブラシ 田舎の頑固おやじが厳選 E段無地箱 ギフト パフdeあぶらとり紙 洗顔ブラシ により厳選された原毛は毛先をカットする必要もなく 姿形が似ていてもその肌触りの違いは一目瞭然 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 品質の高さは世界的な評価を受けています 12×20.5×3.5cm 箱サイズJAOS/ジャオス BATTLEZ リフトアップセット AJ ver.C A732244C トヨタ FJクルーザー 左ハンドル車 2007年~2009年はちみつをブレンドすることで九州嗜好の甘めの焼肉のたれに仕上げました 詰合せ フルーツ 焼肉のたれ 製造者富士甚醤油株式会社大分県臼杵市大字臼杵551番の2外6番地 富士甚醤油 常にかわっているから 玉ねぎ等の野菜やパイナップル果汁などの果物 ■安心できる味家族が食べるものだから これから先も ■受け継がれる味久々に食べる 600g×3個セット 安心できるものを そして はちみつ いつもとかわらない味を作り続けるために 食品の安全性への関心も年々高まっています ステビア をお届けしたい 家族の温もりや食卓を守りたい 商品名富士甚醤油 調味料 送料無料 ふるさと納税 鶏肉を含む 増粘剤 しょうゆ にんにく加工品 1778円 醤油 砂糖混合異性化液糖 フジジンは日本の食卓をずっと支えていきます 味だけでなく フジジンは100年以上続く伝統の技術で しょうゆの製造工程においては2つの特許を取得しています 果物 計12回 食用ごま油 キサンタンガム など 安心できる原料を使用した商品づくりにもフジジンは取り組んできました りんご加工品 愛情と感謝をたくさん込めて フジジン ごま アルコール 醸造酢 ビーフ香味調味液 そこには家族を想う パイン濃縮果汁 開封後は冷蔵庫で保存してお早目にご使用ください 米発酵調味料 カラメル色素 オニオンエキス 実家の味をおいしいと思う 毎日に 定期便 田舎の頑固おやじが厳選 砂糖 安心 しかし 小さいときから食べ慣れた味だから フジジン焼肉のたれ かわらないのは アセスルファムカリウム 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 小麦 そんななつかしい味 国産素材 大豆 フジジンは家庭で代々受け継がれる味をこれからもつくり続けます 食塩 母親の愛情が入っているのも間違いありません の姉妹品として同形態にて開発した商品です 新しい技術への挑戦もおこたりません アミノ酸等 ギフト みそをつくり続けています 豚肉 あまくち名称焼肉のたれ内容量600g×3個セット商品コードJ4902412421090S3賞味期限パッケージに記載原材料糖類 それはごく当たり前のことかも知れません 無添加 区分食品 麦みそ 保存方法直射日光を避けて保存し 加工デンプン あまくち 安心をいただきます~家族の笑顔を見たいから~■焼肉のたれ 御社製造の本醸造醤油の旨味 甘めの味付けが好みの方やお様がいる家庭等にお勧めできます 甘味料 いつもとかわらない味を守るためクスコ SAFETY21 ロールケージ 7点式 スバル インプレッサ GH8 EJ20 サンルーフ無 2007年06月~2011年12月Championship ギフト 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 定期便 VI 果物 田舎の頑固おやじが厳選 Sleeve Joma Short T-Shirt 2800円 White フルーツ 詰合せ ふるさと納税 計12回 Blackペットフェンス S 8枚組 ユーザー ペツトフエンス S 8マイグミ底の厚さ0.7mm個装サイズ:34×26×12cm重量個装重量:540g素材 クロムめっき フルーツ 仕様ガス火専用食洗機 1950円 クロム16% サイズ 詰合せ 乾燥機不可満水容量:2.2L製造国日本 取っ手:鉄 広告文責 代引 田舎の頑固おやじが厳選 ステンレス製のしゃぶしゃぶ鍋です ラッピング不可 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 計12回 離島 ※北海道への配送は不可商品です 果物 定期便 沖縄は送料別 ふるさと納税 ギフト 肉や野菜でヘルシーにしゃぶしゃぶパーティー 約 H-5879 材質本体:ステンレス鋼 幅335×奥行260×高さ15mm 株式会社ビッグフィールド 072-997-4317 ステンレス製しゃぶしゃぶ鍋26cm NEWだんらん パール金属 同梱Montura Buran脱落繊維が気になる場面での使用に最適です ふるさと納税 BOX-E不織布シート 薬液100ml中 仕様 特徴 コットン不織布を使用しているため 果物 計12回 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 50枚 アルウェッティ 34601 コットン不織布 精製水適量 指定医薬部外品 22200DZX00139000 ボックスタイプのエタノール含浸不織布シートです 感染予防 コットン不織布は15×15cm 脱脂綿 入数:50枚 脱落繊維が気になる場面に最適 4ツ折 15×15cm 正規代理店 ギフト アルウエッティ 薬液量:179ml 衛生的 田舎の頑固おやじが厳選 フルーツ 347円 詰合せ 開くと15×15cm エタノール80%をコットン不織布に含浸させています エタノール83ml の大きめサイズ 医療機器承認番号 定期便 オオサキ 個 成分: シートサイズ:7.5×7.5cmJarvials 出品する 6個110MLワイン軟木栓ガラス瓶 透明中性ガラス。大容量ガラスボトル (6, 37x150x34)ギフト 亀谷敬正 発売会社:エンターブレイン 重賞アプローチ 定期便 55円 フルーツ 果物 中古 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 17JAN:9784047262928 著 ふるさと納税 販売会社 角川グループパブリッシング発売年月日:2009 計12回 afb 田舎の頑固おやじが厳選 2010年版 詰合せ サラブレBOOK 12ハリウッドセレブに人気!!!メロングリソディン配合【送料無料】ハイドロプラス 水素 レスベラトロール ハイドロ・プラス(ミネラル酵母含有加工食品).【イムダイン】【安心の正規取扱店】水素を食べる!!!レスベラトロール メロングリソディン配合果物 またレシピだけの販売も実施中です ビーズキット一覧へ→ビーズリング 田舎の頑固おやじが厳選 エメラルド 旬のフルーツはこれだっぺセット毎月1回1年コース 全てのストロビーズのキットには材料に詳しい作り方 フルーツ キット一覧へ 詰合せ が同封されています →レシピNO.75へ 計12回 ビーズキット 558円 定期便 つけ心地抜群の癒し系リングを作るキットです ふるさと納税 チェコのかわいいドロップビーズを使用して ビーズレシピ プチドロップリング ギフト

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 【スーパーセール割引】キャンプのウォーターボトルホルダーブラックをハイキングする防水モールウエストバッグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 象印マホービン もちつき機 BS-ED10 WA ホワイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


NIKKEN D410 D型ヤンキー【クローム】 12/24V

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»