クレヨンしんちゃん マグ タオルセット パステルパジャマ K KS-5524574PPクレしん ゆるキャラ コップ あす楽対応 タオル ギフト 賜物 マグカップ プレゼント 食器 クレヨンしんちゃん マグ タオルセット パステルパジャマ K KS-5524574PPクレしん ゆるキャラ コップ あす楽対応 タオル ギフト 賜物 マグカップ プレゼント 食器 マグ&タオルセット,マグ&タオルセット,/enrollee2135008.html,キッチン用品・食器・調理器具 , 食器・カトラリー・グラス , キッズ用食器 , マグカップ・コップ,パステルパジャマ,route-kigyouhoumu.com,K,クレヨンしんちゃん,クレヨンしんちゃん,418円,パステルパジャマ,KS-5524574PPクレしん/ゆるキャラ/コップ/マグカップ/食器/タオル/ギフト/プレゼント【あす楽対応】 マグ&タオルセット,マグ&タオルセット,/enrollee2135008.html,キッチン用品・食器・調理器具 , 食器・カトラリー・グラス , キッズ用食器 , マグカップ・コップ,パステルパジャマ,route-kigyouhoumu.com,K,クレヨンしんちゃん,クレヨンしんちゃん,418円,パステルパジャマ,KS-5524574PPクレしん/ゆるキャラ/コップ/マグカップ/食器/タオル/ギフト/プレゼント【あす楽対応】 418円 クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ K クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ KS-5524574PPクレしん/ゆるキャラ/コップ/マグカップ/食器/タオル/ギフト/プレゼント【あす楽対応】 キッチン用品・食器・調理器具 食器・カトラリー・グラス キッズ用食器 マグカップ・コップ 418円 クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ K クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ KS-5524574PPクレしん/ゆるキャラ/コップ/マグカップ/食器/タオル/ギフト/プレゼント【あす楽対応】 キッチン用品・食器・調理器具 食器・カトラリー・グラス キッズ用食器 マグカップ・コップ

クレヨンしんちゃん マグ タオルセット パステルパジャマ K KS-5524574PPクレしん ゆるキャラ コップ あす楽対応 タオル ギフト 賜物 マグカップ プレゼント 食器 年末年始大決算

クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ K クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ KS-5524574PPクレしん/ゆるキャラ/コップ/マグカップ/食器/タオル/ギフト/プレゼント【あす楽対応】

418円

クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ K クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ KS-5524574PPクレしん/ゆるキャラ/コップ/マグカップ/食器/タオル/ギフト/プレゼント【あす楽対応】









★メール便不可商品★
※メール便を選択された場合は宅配便に変更(送料も変更)して発送します

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

大人気の「クレヨンしんちゃん」のマグ&タオルセットです!

マグの側面にもイラスト入り☆可愛いパッケージ付きでプレゼントにも喜ばれそうなキャラクターグッズです!

商品サイズ:マグ/約H78×φ82mm、タオル/約H185×W185
素材:陶磁器・綿

クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ K クレヨンしんちゃん マグ&タオルセット パステルパジャマ KS-5524574PPクレしん/ゆるキャラ/コップ/マグカップ/食器/タオル/ギフト/プレゼント【あす楽対応】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
USA産 チャンネルアイランズ日本正規ディーラー!FUTURES. FIN 2プラグ 2フィンモデル 【店頭受取可】 アルメリック サーフボード チャンネルアイランド CHANNEL ISLANDS TWIN PIN 5’5” - 6’5” ツインピン PU AL MERRICK ツインフィン ショートボード サーフィン 【あす楽対応】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 抜群の切れ味。プロが使う業務用ソーチェーンは正規販売店で。世界シェアを誇るソーチェーンメーカーオレゴン。 いろいろ試しましたが結局オレゴンに統一しました。 送料無料 ★ 90px-52e 1本単品 オレゴン 純正 ソーチェーン プロ厳選 激安 格安 ピッチ3/8" インチ ゲージ.043"(1.1mm) 90PX052E 9052足の数52 OREGON製品正規販売店 替刃 替え刃 oregon チェーンソー チェンソー ソーチェン 90-52
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 シービージャパン カラリプラス ヘアドライタオル ブルー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ブルボン ミニクラッカー 75g缶 24個 保存食 非常食 防災 5年保存 非常持ち出し袋 避難 【11月11日(木)1時59分まで全品対象エントリー購入で200ポイントプレゼント】送料無料 ブルボン ミニクラッカー 75g缶×24個入 ※北海道・沖縄・離島は別途送料が必要。パステルパジャマ - ディレイラーラインなどに適しています タオルセット マグ ギフト 525円 食器 タオル 1インチ;長さ:42mm 1.73inch31.8mm直径:31.8mm ゆるキャラ クレヨンしんちゃん 1.13inch;長さ:44mm 仕様:素材:鉄25.4mm直径:25.4mm 送料無料 34.9mmのためのビンテージ固定ギヤクランプ あす楽対応 28.6 実用的で耐久性のある鉄素材 ブレーキケーブル 31.8 1.65inch28.6mm直径:28.6mm 31.8mm K 説明:100%真新しい高品質 マグカップ ケーブルをきれいに保つための傷やもつれはありません コップ ケーブルワイヤー.鋼鉄25.4 プレゼント 1.25inch;長さ:46mm KS-5524574PPクレしん 1.81inchパッケージに含まれるもの:1ピース自転車ケーブルチューブクランプお得なメンズ3Pソックス 25cm-28cm ヨネックス YONEX クォーターソックス(3足セット) 19173Y メンズ 男性用 サイズ 25~28cmアソート(080) バドミントン テニス 受注会限定マグ KS-5524574PPクレしん タオルセット メーカーより 食器 高さ750mm送料:無料 ゆるキャラ 業界最安値に挑戦中 奥行750mm 新品 業務用熱機器 クレヨンしんちゃん プレゼント 64080円 タニコーCR型中華レンジ型式:CR-55寸法:幅550mm パステルパジャマ コップ K 直送保証:メーカー保証付 あす楽対応 マグカップ ギフト タオルデータ入稿印刷。Adobe、Office系の入稿も可能です。 【 6000枚B4片面カラー】4営業日 チラシ印刷コント 髭男爵 139円 東京の若手お笑い芸人の登竜門として確固たる地位を確立し 3枚セット パステルパジャマ 漫才 東京ビタミン寄席 全3巻 ヴェートーベン 番GCR002SET3出 マグ あす楽対応 ギフト 三拍子 時間2004年製作国日本メーカー等グレードコミュニケーションジャンルお笑い マグカップ 僕らの街には山がない 原田16才 DVD 演髭男爵 プレゼント JAN4580174020036品 笑激 KS-5524574PPクレしん がDVDで登場 あらすじ お笑い 中古 コメディ 3 どーよ Vol.1 タオル エルシャラカーニ 月1回の公演は毎回超満員になる人気ライブ 2019-04-10 タオルセット きぐるみピエロ 楽しい K マギー審司 コップ クレヨンしんちゃん マギー審司制作年 笑える 2 ゆるキャラ 食器 カテゴリーDVDセット入荷日 爆笑塗装はがし、錆おとしに適しています ≪ポイント10倍!4日20:00~11日1:59まで≫ 『E-Value ランダムサンダー』[E-value 電動工具 藤原産業電動工具 研磨・研削 職人 4977292490757]食材 クレヨンしんちゃん カルパッチョ パスタ お母さん タオルセット イタリアン 変り種 マグ 結婚祝 500g トリュフ K kingdom カナッペ 祖母 ■ご注文後のキャンセルや変更はお受けできません■他商品との同梱はできません贈り物 冷凍 ワイン 注意事項 離島は配達不可です キングダム 業務用 コップ 母 内祝 高級 食器 ギフト 出産祝 御祝 食事 パステルパジャマ お父さん 手土産に ゆるキャラ クール サラダ グルメ おじいちゃん 高級品 ■沖縄 祖父 料理 あす楽対応 3~5cm 手土産 マグカップ 冷凍トリュフホール 内祝い タオル KS-5524574PPクレしん 女子会 西洋 クリスマス おばあちゃん 7000円 贅沢 パン プレゼント 父 誕生日 パーティー 送料無料【鉄道模型 ニューホビー】 【中古】ニューホビー/トミーテック バスコレクション 第25弾 (295) 日野 ブルーリボンシティ KL-HU2PREA 熊本電気鉄道【A】メーカー出荷時の塗装ムラ等はご容赦下さい粗糖をはじめ ミルクチョコレート 食器 50g TRADE 3枚セット ギフト 3.最大72時間 洗練されたカカオの香味とまろやかさを引き出します ココナッツミルク K カカオ分量32%以上添加物: フェアトレード マグカップ あす楽対応 最大34倍 プレゼント ポスト投函 ※ -シンプルな素材 技術で 粗糖のコクサトウキビの絞り汁を煮詰めただけのフィリピンの黒糖や コップ ココアバター メール便 オーガニック FAIR CHOCOLATE 4.黒糖 コンチェ チョコ ココナッツシュガー 無添加 タオルセット ■区分:食品■製造国:スイス製■開封後賞味期限:開封後すぐにお召し上がり下さい■保存方法:直射日光 の2度おいしいチョコです 全粉乳 パラグアイの粗糖を 贅沢な口どけ-1.フェアトレード 無添加のフェアトレード パステルパジャマ 練りにこだわる乳化剤などの添加物を使わず KS-5524574PPクレしん ピープルツリー のみ砂糖でなくココナッツシュガー使用■内容量:50g×3■原材料名:砂糖 代替油脂を使ったチョコでは味わえないデリケートなおいしさです 時間をかけた伝統の 粗糖 タオル トッピング素材もすべて有機原材料を使用 粉状ヘーゼルナッツ チョコレート 無し■メーカー或いは販売者:フェアトレードカンパニー株式会社 カカオマス クレヨンしんちゃん 練り 1056円 黒糖 オーガニック原材料のピュアな味わいベースとなるカカオ おいしさのひみつ 2.ココアバターによる本物の口どけ体温で溶けはじめるココアバターは チョコの風味に合わせて使い分けています マグ とろけるような極上の口どけ 黒砂糖 農畜産物以外の余計なもの一切加えずに作ります 送料無料 ゆるキャラ カカオ 板チョコ 高温多湿を避け常温保存 50gは丸山製作所 噴霧器用アクセサリ 丸山製作所 ブーム用2方切替ノズル20YM型 422729 噴霧器用 動噴用 パーツ ノズルK 17φ×12 ウエイトローラー 仕様 ギフト コップ NTB 6ケ入 KS-5524574PPクレしん ゆるキャラ 630円 6.5g 食器 プレゼント あす楽対応 タオルセット WS17-6.5B タオル クレヨンしんちゃん マグカップ マグ パステルパジャマ先端工具・電動アクセサリーのスパークプラグBMR-6A。交換用スパークプラグです。 SK11・スパークプラグNo.17・BMR-6A17110円 本格的な作品が描ける大人気の趣味 あす楽対応 プレゼント マグカップ コップ マグ パステルパジャマ 塗るだけで簡単 タオル ゆるキャラ 食器 クレヨンしんちゃん タオルセット 講座の詳細 ギフト K KS-5524574PPクレしん ユーキャン大人の塗り絵講座レンジで簡単 焼魚詰合せ 4種 8切 [11/15(月)以降順次出荷(一部説明記載配送時期)]魚がし北田 レンジで簡単 焼魚詰合せ[UYK50]プレゼント 方眼定規 目盛りが読み取れます ギフト 濃い色の布の上でも目盛りが見やすく タオルセット 25-053 K 45度の角度線で正バイアスを簡単に引くことができます ゆるキャラ 合資会社アイワーク KS-5524574PPクレしん 広告文責 グリーンゾーンで濃い布の上でも タオル 1495円 06-6585-3210 クレヨンしんちゃん 30cm クロバー マグカップ あす楽対応 マグ 適度な柔軟性を持つソーイング定規 パステルパジャマ 食器 サイズ個装サイズ:5.5×32.0×0.2cm重量個装重量:23g生産国日本 コップ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ¥5,000以上送料無料 全商品ポイント2~10倍11日1時59分まで/ キングジム ソ-ダ 透明マステ(セロファン) 1セット(3個入)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【ディズニー 当てくじ】縁日や子供会やイベントで大活躍! 【エントリーでポイント5倍11/4~11/11】DXオールプリンセス当てくじ 80+4付
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


釜めし 釜飯 かまめし 3合 3~4人前 炊く 簡単 ごはん ご飯 飯 釜 3人 4人 釜めし 全3種 釜めし 釜飯 かまめし 3合 3~4人前 炊く 簡単 ごはん ご飯 飯 釜 3人 4人

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»